AGAのことを正しく学ぼう
  1. AGAINメディカルクリニック
  2. AGAのことを正しく学ぼう
  3. AGA治療の期間は?いつから生える?
このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療の期間は?いつから生える?

効果の実感は3ヵ月~6ヵ月から

AGA治療は、風邪のように、始めてすぐに効果が出るものではありません。

当院では、長年の治療経験とデータをもとに、一人ひとりに最も適した薄毛治療を提供しており、早い人では3ヵ月、通常でも6ヵ月の治療で驚きの育毛効果を実感されています。

AGA治療は早く始めた方がよい理由

AGAは男性ホルモンが原因となる病気で、20~30代から発症し始めます。

AGAを発症すると、ジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉ホルモンが毛根の毛母細胞と結合。脱毛を発令して成長期間にある毛根を強制的に委縮・収縮させ、ヘアサイクルが乱れていきます。

ヘアサイクルの乱れた状態が長期間続くと、毛根は活力を失い、生えている毛も産毛のように細く弱い髪質となり、脱毛・薄毛化が進行していきます。

髪の毛を生み出す毛根を復活させ、さらにそこから生える髪の毛を安定して強く太くするには時間がかかります。しかし、そのためには毛根の寿命が必要です。ほかの細胞と同じように毛根の細胞にも寿命があり、AGA治療においてはその有無が大きなカギを握ります。治療を早く始めた方がよい一番の理由はこの点にあります。

さらに、一部の薄毛が気になる程度の初期の場合、早い回復が期待できますが、完全に頭皮が露出してしまっているような場合は、まずは産毛を生やし、その毛を太く丈夫にする治療を行います。

頭皮状態を改善して、安定して髪の毛が成長できるようになるにはかなりの時間が必要。治療を早く始めれば、そのぶん改善までの期間も短くすむでしょう。

AGAは自然に治癒することはありません。治療の開始が遅れれば遅れるほど、本来要らなかったはずの時間や費用が余分にかかってしまうことも。AGA治療は早く始めることをおすすめします。

AGA治療はいつから始めるのが効果的?

AGAの主な原因である男性ホルモンは思春期以降に増えていきますから、早い人では20歳前後から、さらにもっと早く、10代で発症する人もいます。

受診が増えるのは薄毛が本格化する壮年になってからですが、実際にはその何年も前から自身の薄毛が気になり、市販の育毛剤や育毛シャンプーなど試してきたもののその効果が得られず、来院するというケースがほとんどです。

AGAが発症した頃に専門の医師による医学的な治療を受けていれば、もっと早く確実な治療効果を得ることができたはずです。
早く、確実な改善を求めるなら、治療は薄毛が気になりだしたタイミングで始めるのがよいでしょう。

プロペシアだけではダメなのか?

プロペシア(フィナステリド)は、抜け毛を防ぎヘアサイクルを正常化する作用があります。ただし、ヘアサイクルは数年の長いスパンで回転するもののため、その効果を実感できるまでに長い期間を要すことになります。
したがって、早期の改善を求める場合には不向きな治療法でしょう。

当院では、医学的に実証されている薬剤と、患者さま一人ひとりの頭皮状態、頭皮環境、体質、さらに食生活などのライフスタイルも複合的に組み込みマッチさせて、AGA治療を行います。

一般の皮膚科、育毛・増毛サロンなどでは、一人ひとりの特性までは配慮されず、画一的な治療法しか選択できません。なかには十分なカウンセリングや診察をせずに、プロペシア(フィナステリド)だけを処方する悪質なケースもあるようです。

当院では、一人ひとりの特性に合わせた治療を行い、一般的な医療機関では処方されない内服タイプのミノキシジル製剤やその他の有効成分を調合し、効果の高い治療を提供しています。

無料カウンセリング実施中

無料カウンセリングでは頭皮の状態を確認し、AGAの進行が認められるかのチェックのほか、
治療を進める場合の期間や費用についてのご説明をおこなっています。

医者
毛穴から2~3本生えるのが正常な毛髪。薄毛が気になる箇所は本数が少なかったり、毛髪が細かったりします。マイクロスコープを使うとよく分かりますよ。
お電話での予約・ご相談
0120-896-965
受付時間 10:00~24:00
24時間受付可能
0120-896-965
受付時間 10:00~24:00

PAGE TOP