治療方針
  1. AGAINメディカルクリニック
  2. 治療方針

あなたのAGA・薄毛治療に
ゴールを決めて、向き合います

早く確実な結果を出すには、症状や進行度に加え、遺伝や後天性の要因も踏まえ、治療を進めていく必要があります。

これはすなわち、汎用的な治療ではなく、一人ひとりに合わせた治療が必要だということ。
当院AGAINメディカルクリニックは、20代・30代専門のクリニックです。

この専門性を武器に、あなたの症状と徹底的に向き合い、あなたのための治療を行います。

なぜAGAINメディカルクリニックが
選ばれるのか?

1
1
20代・30代の豊富な知見
20代・30代に特化することで、この年代における原因分析、対処事例をデータ化。あらゆるケースに的確に対処できる知見を豊富に得ています。これまでに集積した3,000名を超える診断データ・治療実績を、あなたの診断結果と掛け合わせ、最短ルートの治療法を導きます。
2
2
あなたのためのカスタマイズ治療
ひとくちにAGA・薄毛と言っても、M字、生え際、つむじのどの症状なのか、どのくらい進行しているのか、どんな体質なのかで対応は変わります。月1回の診察を通じて、最大限の効果とお薬による副作用の最小化を実現していきます。
3
3
日常生活の悩みのケア
AGAは、生活習慣やストレスなどとも無関係ではありません。治療をより効果的にするには生活スタイルの改善やストレス対策、治療や副作用に関する不安への対処も必要です。こうした治療との向き合い方も、医師・カウンセラーが一丸となってサポートしていきます。

治療方法について

AGAで薄毛になる主な原因は、ヘアサイクルの乱れ。本来、2年から6年かけて強く太く成長するはずの毛髪が、
男性ホルモンの影響によって強く太く成長する間もなく抜け落ちるようになり、薄毛が進んでいきます。

したがって、治療のポイントは「正しいヘアサイクルを取り戻す=生やす」
「髪が抜け落ちるのを止める=維持する」この2つになります。

生やす維持する
のWアプローチ

「生やす」ためには、発毛のキーマンである毛根を目覚めさせ、活性化させること。
「維持する」ためには、男性ホルモンのバグによって発令される、脱毛信号を阻止すること。

当院では、医学的に発毛効果が認められている2つの成分で、
「生やす」と「維持する」に同時にアプローチし、早く、適切な発毛実感を導きます。

やす

ミノキシジル

毛根がその働きを全うするには、十分な血流(栄養)が必要です。一方で、毛根の働きが弱り、発毛能力が衰えたまま放置すると、「働かないなら、血流(栄養)はもう必要ない」と体が勘違いして血流の通り道である毛細血管を消滅させてしまい、そのせいで毛根まで閉じてしまうことがあります。

これを防ぐには、弱く細くなった毛細血管を強く太くしたり、新たな毛細血管を増設したりして、血流を増やすこと。このメカニズムに働きかけるのがミノキシジルです。

3
AGAINメソセラピー
AGAINメソセラピー

濃度7%のミノキシジルを毛根直下に直接注入する最先端の治療法。進行度や毛髪の薄くなっている部位に合わせて薬剤を調整し、髪の毛よりも細い針で注射します。月1回を目安に、クリニックにて行います。ミノキシジルの働きをより効果的にするために、発毛成長因子複合体、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、網ペプチド、複合ビタミンも配合しています。

配合成分について

早く、確実な発毛実感のために、アゲインメディカルクリニックが独自に研究を行い、確立した成分配合です。

ミノキシジル
毛細毛幹を拡張させ、毛乳頭に必要な栄養分をより多く届けます。
発毛成長因子複合体
IGF-1(インスリン様成長因子):毛髪を強化し、毛包を刺激して健康な髪を育てます。
bFGF(線維芽細胞成長因子):頭皮の血流を促進し、毛包を活性化させます。
VEGF(血管内皮成長因子):毛包に栄養を与える新生血管の形成を促進します。
コエンザイムQ10
細胞の生成に必要なエネルギーの産生と維持を促進します。
頭皮も含めた血流を促し、丈夫な毛髪を育て、その再生を促進します。
ヒアルロン酸
潤滑作用、水分補給作用によって、発毛を促します。
網ペプチド
AGAの原因のひとつ、還元酵素「5αリダクターゼ」の活性を阻害し、抗脱毛作用を促します。
複合ビタミン
発毛に効果的な様々なビタミンを配合しています。
施術方法について

注射器で注入しますので、痛みが不安な方もいらっしゃると思います。当院では、痛みを感じにくい特別な極細ニードルを採用。さらに丁寧な麻酔技術と短時間処置で、患者さまのストレス軽減に取り組んでいます。

内服薬
内服薬

ミノキシジル5mgを配合したタブレットタイプの内服薬。1日1回、ご自宅で服用いただきます。
※「維持する」成分フィナステリドや、毛髪の育成に必要な亜鉛・各種ビタミンと合わせて服用いただきます。

外用薬
外用薬

濃度7%※のミノキシジルを配合したリキッドタイプの外用薬。1日2回、ご自宅で塗布いただきます。
※市販のミノキシジル入り外用薬の濃度は1%と5%の2種類で、5%のほうが効果が高いことが確認されています。

維持する

フィナステリド

男性としての力強い体つきや生殖能力を維持したり、好戦的な精神状態にしたり、という役割を持つ男性ホルモン・テストステロン。
テストステロン自体は何の害もない成分ですが、頭皮の毛根周辺に多い酵素と結びつくことで変質します。変質した成分が毛根のカナメ・毛母細胞と結合すると脱毛信号が発令され、脱毛・薄毛化が進みます。

これを防ぐには、酵素の働きを阻止し、テストステロンの変質を防ぐこと。ここに強力に働きかけるのがフィナステリドです。

フィナステリド
内服薬
内服薬

フィナステリド1mgを配合したタブレットタイプの内服薬。
1日1回、ご自宅で服用いただきます。
※「生やす」成分ミノキシジルや、毛髪の育成に必要な亜鉛・各種ビタミンと合わせて服用いただきます。

無料カウンセリング実施中

無料カウンセリングでは頭皮の状態を確認し、AGAの進行が認められるかのチェックのほか、
治療を進める場合の期間や費用についてのご説明をおこなっています。

医者
毛穴から2~3本生えるのが正常な毛髪。薄毛が気になる箇所は本数が少なかったり、毛髪が細かったりします。マイクロスコープを使うとよく分かりますよ。
お電話での予約・ご相談
0120-896-965
受付時間 10:00~24:00
24時間受付可能
0120-896-965
受付時間 10:00~24:00

PAGE TOP