AGAのことを正しく学ぼう
  1. AGAINメディカルクリニック
  2. AGAのことを正しく学ぼう
  3. 禿げる原因とは?男性ホルモンや遺伝との関係は?
このエントリーをはてなブックマークに追加

禿げる原因とは?男性ホルモンや遺伝との関係は?

3人に1人が発症!禿げる最大の原因

日本人男性の薄毛で最も多いのが男性型脱毛症(AGA)。
AGAは男性ホルモン、つまり内分泌系の異常により起こります。
遺伝も大きな要因になり、治すには医師による医学的な治療が必要になります。

禿げるメカニズム:ヘアサイクルの乱れ

大前提として、毛髪は毛根から生み出されます。
毛根はそれぞれが独立したヘアサイクルを持っているので、
相互に干渉し合うことはありません。

ヘアサイクル正常だと、毛髪は2~6年の成長期で成長し、強く太くなります。
その後2週間ほどの退行期に入り、髪の毛を生み出す毛球が縮み、
土台が弱くなります。
最後に3、4か月ほどの休止期を迎え、毛髪は抜け落ちます。
そして次の毛髪の発生に備えて成長期に入るということを繰り返します。
ヘアサイクルはすべての毛根で独立して行われ、
1日に平均50~100本ほどの毛髪が抜け落ちていきます。
これ自体はいたって正常なことです。

AGA・薄毛は、この正常なヘアサイクルが乱れることで発症します。
本来2~6年あるはずの毛髪の成長期間が短くなり、
十分に成長することができないまま毛髪が抜け落ちてしまう。
これが頭皮全体に広がってくると薄毛化として視認されることになります。

ヘアサイクルを乱すのは男性ホルモン

男性らしい体つきや生殖機能に重要な役割を果たすのが男性ホルモン。ヘアサイクルに関わってくるのが、その男性ホルモンの一つ、テストステロンです。

毛根付近には5αリダクターゼという酵素の一種が多く存在するのですが、この酵素とテストステロンが結びつくのがことの発端。テストステロンは、この酵素と結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、毛根にある毛母細胞の受容体と結合すると、毛髪に対し「成長を止めて脱毛しろ」という信号を発します。この信号を受けると、毛根は収縮し、髪の毛は成長を止めて抜け落ちてしまいます。

その後も毛髪は生えてきますが、毛根が収縮しているために産毛程度の弱々しい毛髪しか生えなくなり、やがて毛根自体が閉じてしまうことに。そうして、AGA・薄毛が進行していくのです。

遺伝やストレス、睡眠も影響する!

ハゲは遺伝すると昔から言われていますが、残念ながら、その通り。
ジヒドロテストステロン(DHT)は、上述した通り、5αリダクターゼと結び付いて生成されます。したがって、5αリダクターゼの保有量が多いほどAGAになりやすくなるわけですが、この保有量が遺伝することがわかっています。

血流も重要なポイントです。

毛髪を生み出す毛根、とくに毛母細胞には様々な栄養素が必要です。栄養素は血液によって運ばれますから、血流の良し悪しは重大。血流が悪く栄養素が十分に届かなければ、毛母細胞は細胞分裂できず、毛髪は成長することができなくなります。

血流を悪化させる原因

タバコ
タバコは血管を収縮させるため、頭皮の血流が悪化します。
毛 髪の育成を阻害する原因となります。
アルコール
適度な飲酒は問題ありませんが、過度な飲酒は頭皮の血流を悪化させると言われています。
また、アルコールを大量に分解するには、栄養素も大量に使用されます。毛髪を作る毛根に必要な栄養素が不足し、発毛・育毛力が弱まってしまいます。
ストレス
ストレスは頭皮にも影響を及ぼします。頭皮が硬くなって血流が悪化し、毛髪の成長を阻害してしまいます。

睡眠負債という言葉が言われるようになって久しいですが、睡眠不足も当然ながら悪影響を及ぼします。とくに、毛髪の成長が最も盛んなゴールデンタイム、夜の10時~夜中の3時頃までの間に睡眠に入っていないと、その成長のタイミングを逸してしまうことになります。

生活習慣の改善は、AGAの治療の効果を高めてくれます。負担にならない程度に生活習慣改善に取り組みましょう。

無料カウンセリング実施中

無料カウンセリングでは頭皮の状態を確認し、AGAの進行が認められるかのチェックのほか、
治療を進める場合の期間や費用についてのご説明をおこなっています。

医者
毛穴から2~3本生えるのが正常な毛髪。薄毛が気になる箇所は本数が少なかったり、毛髪が細かったりします。マイクロスコープを使うとよく分かりますよ。
お電話での予約・ご相談
0120-896-965
受付時間 10:00~24:00
24時間受付可能
0120-896-965
受付時間 10:00~24:00

PAGE TOP