ミノキシジルとフィナステリドの効果とは?


現在のところ、医学的に発毛効果が認められているのはこの二つの成分だけ。
薄毛治療は、その治療指針(ガイドライン)を発表している日本皮膚科学会の発表が基本的な治療方針を決めています。
第一に選択すべき事は『最も治療効果が高く、強く勧められる』として最高のランク「A」を得ているミノキシジルとフィナステリドの投与です。
これら以外にも有効と考えられる成分は様々ありますが、そのランクは「C1=十分な根拠がない」や「C2=根拠がないので勧められない」に属しており、実際の治療現場で使用するには信用性が低すぎます。
薬品開発の研究機関で一応の育毛発毛効果が見られる為、商品化されているものもありますが、臨床の現場で第一に用いられるのはやはりAランクの成分なのです。

ミノキシジルの役割


弱った毛根は発毛能力が落ちます。すると古く弱った毛根には血流(栄養)が必要ないだろうと、そこに続く毛細血管も消えてしまうことがあります。
そうするとますます毛根は弱り、いずれはその役割を終えたと判断し、閉じてしまうことも。
しかしここに人為的にでも新たな毛細血管を増設し、今ある血管を拡張して血流量を増やしてやれば、毛根は「まだまだ役割を終えずに頑張ろう」と発毛活動を再び活性化させるのです。
ミノキシジルの役割とは、古く細くなった血管を太く強くし、毛根へ栄養を運ぶ新たな道を作り上げ、発毛活動をもう一度活性化させることにあるのです。

フィナステリドの役割


ヒトの体内にはテストステロンという男性ホルモンが存在しています。
これ自体は何も害はない成分で、男性としての力強い体つきや生殖能力の維持、また好戦的な精神状態にするといった役割を担っています。
一方、頭皮の毛根付近には5αリダクターゼという酵素の一種がたくさん存在しています。
厄介なことに、テストステロンがこの酵素と結びついてしまうとジヒドロテストステロン(DHT)という成分に変化してしまいます。
これが毛根の毛母細胞と結合すると脱毛信号が発令。毛根は弱り、髪が抜け落ち、やがて毛根が閉じてしまうのです。
フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻止し、DHTが生成されるのを強力に抑制します。
DHTが生成されなければ脱毛信号は発せられないのでヘアサイクルを乱されることが無くなります。脱毛、薄毛化の進行を抑制すること、それがフィナステリドの役割なのです。

アゲイン メディカル クリニックのオーダーメイド治療薬は薄毛改善に最大の効果を生む

アゲイン メディカル クリニックのAGA治療は、日本皮膚科学会でAランクを取得したミノキシジルとフィナステリドをWで配合。
さらに患者様の状態やご希望にあわせて、亜鉛やビタミンなど、その他育毛・発毛を助ける栄養素を独自に調合して処方しています。
ミノキシジルの塗り薬は直接頭皮に塗ることで効果は絶大。
内服薬も一袋にまとめていますので飲むのは1日1回だけ。飲み忘れもなく、外出時も持ち出しやすくて安心。わずかな手間で最大の効果を得られるように工夫しています。そして、このオーダーメイド

短期間で正しい治療を

AGA治療にはたくさんのお金と時間がかかります。
薬の処方ができないサロン等の施術や効果の出ない市販の育毛剤など・・・。
無駄なお金と時間をかけるのではなく、医学的に正しい治療法を選ぶことで確実にAGAを治療することができます。
治療は開始が早いほど効果が出やすく、早く実感できますので早めに医師に相談することが望まれます。
一人で悩む前に、アゲイン メディカル クリニックのカウンセリングをぜひお試しください。

コメントは受け付けていません。